« 真夏の真っ昼間に走る!<2> | トップページ | 日曜日は箱根へ! »

2005年8月18日 (木)

旋回中って何してますか?

いや、別に、マンガ読んでるとか、お菓子食べてるとか、
そーゆーことでは無くて(爆)

あくまでも大雑把に書けば、直線は加速>アプローチで減速からマシンホールド&抜重で倒し込み>旋回中は???>立ち上がりは加速・・・すでにこの時点で根本的に間違ってる可能性がありますが(汗)パーシャル?加速?開け閉め?現状維持???どうにも旋回中が安定しないんですよね。

まぁ、自分なりに問題点だと思っているのは、ライン取りが悪くて(何も考えてないから)予想以上にインに寄るのが早くて旋回が安定しないことに加え、各動作にスムーズな繋がりが無く、しかもスロットル操作が雑なためにギッタンバッコンしてしまうんではないかと。で、どうやって旋回中のコントロールをしてるのかなぁ〜って思ったわけです。

BMWの時は多分、コントロールというか、つじつま合わせを(それが正しいか正しくないかは置いといて)フロントのブレーキでやっちゃってたんです。それはダメ!と注意されたので今はやらないようにしていますが、特に寝かせている時間が長いようなコーナーでは旋回中に何をすればいいのかよく分からなくなってきちゃいました。そんなのギューンと行ってスパッと寝かせてグイィィィーンと曲がればいいんだよ!ってことなんでしょうけど・・・

減速から倒し込むまでは何とかなりそうな気配はあるんですけどね。ま、意外と何にも考えないで走ってるときの方が上手く走れちゃったりするんですが(^_^; リアサスだけでもぼちぼち弄ってみようかな。と、マシンの所為にしてみたりする(爆)

|

« 真夏の真っ昼間に走る!<2> | トップページ | 日曜日は箱根へ! »

コメント

旋回中は基本的に「何もしてません」よー(もしもの事があった時に備えてはいますけど)余計な事をしたら挙動が乱れるだけだし、「ステップ荷重が」とか、「ハンドルを押して」とかの操作をすると、どこかしらを押え込んでコジってしまいやすいですから。倒し込み時に向き変えを決めておけば、後は殆ど修正要らずですよ。

ちなみにライン取りがまずいのは、「バイクをここで倒して向きをかえると、イン側に早くつかなくて済む」という組み立てが出来ていないからだと思います。脳内で「あそこでバイクを倒す」という仮想パイロンを道に立ててみましょう。立てるポイントは出来るだけコーナーのアウト側かつ奥です。そのパイロンを後輪が通り過ぎる時にバイクが倒れて、後輪がパイロンを巻き込むようなイメージにすればタイミングが合いやすいと思います。

寝かせてる時間が長いなーと思ったら一度バイクを立ててアウト側へ膨らみ、膨らんだ先に脳内仮想パイロンを立てて、そこでバイクを寝かしなおしましょう。(いわゆる多角形コーナリング) 余裕のある速度でコーナリングしていたらそんなに難しい事じゃありませんし。

投稿: TWIN | 2005年8月19日 (金) 00:27

TWINさん>
毎度毎度感謝でございます(^_^)
旋回中は何もしないんですね。
だとすると、スロットルってやっぱりパーシャルなんでしょうか?
制動から倒し込みはスムーズに移行できるんですが、
倒し込みから旋回へスムーズに流れないんですよね…

>仮想パイロンを後輪が通過
これって鈴鹿のDERで教えて頂いてたんでした。
そっか、そうですよね。すっかり忘れておりました(爆)
あと「余裕のある速度」ってのも再度気をつけて走るようにしますね。

投稿: 管理人takapa | 2005年8月19日 (金) 00:49

ちなみに、旋回中にやると大変な事になりやすい行為は・・
(1)バイクをもっと倒そうとして、イン側のステップを力の限り踏みつける
→踏みつける内足の支点として外足を踏ん張りすぎ、結果としてバイクは寝ません(下手すると起きる)
(2)曲がり切れなさそうなので、ハンドルを切る
→余裕のある時に試して頂ければ判りますが、バイクが起きて余計に曲がらなくなります。
(3)フロントブレーキを使って減速
→やり方を間違うと曲がらなくなるどころかコケる危険有り。(ABS付きなら危険度は減りますが・・・)

ちなみに行為そのものは完璧に間違ってる訳ではなく、やり方さえわかれば危険回避をするテクニックにも成り得ます。(でも、何も考えずにやってると痛い目に合う可能性大です)

投稿: TWIN | 2005年8月19日 (金) 00:52

パーシャル(ここでは加速も減速もしないアクセル開度と解釈しますね)は余程長いコーナーじゃないと使わないですねー。完全に閉じてるか、加速が得られる開度まで開けるかのどちらかです。基本は「向きが変わるまでアクセルオフ、向きが変わって旋回に入ったらアクセルON。パーシャルは使わない」という感じです。つまり、そういう走りが出来るラインを如何にして組み立てるか・・・というのがポイントです。これ、当然走ってる最中(正確にはコーナリングアプローチするまでに)やります。サーキットならまだしも、初めて走るような道の場合は様々な情報(景色や道の傾き・ガードレールの支柱の距離)から全てを推測し、上のようなアクセルワークに近い事が出来るように組み立てていく訳です。こう考えると、出来る限り倒し込みのポイントはコーナーの奥、かつ外側にとり、イン側に早くつかないようにする・・・というのが何故大切か判ってくると思われます。

難しそうな話になりましたが、要するに『パーシャルとか修正とかの面倒くさい事をしなくていいライン取り』が出来れば良いという事です。

投稿: TWIN | 2005年8月19日 (金) 00:59

TWINさん>
>(1)バイクをもっと倒そうとして、イン側のステップを力の限り踏みつける

そうそう、これですよコレ!!!
僕がさんざん悩んで、やればやるほどドツボに嵌った悪の権化です。
タロウさんにアドバイスいただいて間違いに気が付きました。

投稿: 管理人takapa | 2005年8月19日 (金) 01:07

TWINさん>

>パーシャル

目からウロコ (@_@ ポロッ
長い間ずっとモヤモヤしていたものが、やっと理解できました!!!
とは言っても、実践してみないと単なる知識だけですからね、
週末に頑張ってみます(^_^)

投稿: 管理人takapa | 2005年8月19日 (金) 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41821/5529197

この記事へのトラックバック一覧です: 旋回中って何してますか?:

« 真夏の真っ昼間に走る!<2> | トップページ | 日曜日は箱根へ! »