« DUCATI RALLY 2005 in 箱根 | トップページ | コメントのエラー/多重投稿について »

2005年8月22日 (月)

曲がり方と姿勢変化

何だか最近、人に何かを伝えるために書き込んでるんじゃなくて、単に質問したいからここに書いてる気がするですねぇ(^_^;

ま、いいや♪

オッカナビックリではありますが、ま、それなりの時間や距離をM800で走ったり曲がったりしてきた訳です。で、ずぅーーーーっとモヤモヤしていたものをここ何回かの書き込みで吐き出し(爆)、皆さんに助言いただいて解決へ向かおうとしております。

というわけで今日も吐き出します。オエ…

「曲がりたいのに曲がらない」
怖がってる所為で身体に力が入り、全てが悪い方向に作用していたのは前回の書き込みで解決済み(かな?)。そして、それとはちょっと違う「曲がらない」も感じていたんですね、実は。何て言うか、倒し込んでるのに曲がらない。いや、正確には「自分が思っているよりも、バイクが曲がるのが遅い」とでも言いますか。倒し込んでから1テンポ遅れて曲がり出すもんで、ヒヤッとしたことが何度もありました。

そんな残暑厳しい今日の朝、出勤の電車の中で解決の糸口を見つけました。今月のBIG MACHINE、サスセッティング特集の中で「後ろ下がり」の特徴に同じような状態が書かれています。「後ろ下がりは寝てから曲がる」という記述。今現在僕が感じている状態がこれに相当するのかは分かりませんが、少なくともヒントにはなりそう。

でも、そもそもM800って後ろ下がりなの?
そこで僕なりの(屁)理屈はこうです。以前から騒いでいるフロントの「硬さ」がその原因ではないかと。もしかすると僕が乗車した状態、または走行している状態では「リアだけが沈み込んでいる」可能性があり、その結果「後ろ下がり」になっているんじゃないかと考えたんですね。さらに同誌には「寝かし込みが軽い」とも書いてありますが、これも、やはり僕が昔から騒いでいる「コテンと倒れてしまいそうで恐い」に近い状態だと思うのです。これは遠いか?

すごいなー ホントの話に聞こえるなー(爆)

というわけで、リアだけですが「サス弄り」を始めます。
ま、これが言いたかっただけです・・・(^_^;

|

« DUCATI RALLY 2005 in 箱根 | トップページ | コメントのエラー/多重投稿について »

コメント

Monsterシリーズって元々後ろ下がり気味な姿勢・・というよりは、荷重配分がかなり後ろ寄りになるように作られてる節があると思います。自分のM1000はその辺りを事も考えつつ、プリロードをかなりかけてます。これでも足りない分はロッド調節するしかないかなぁ・・・

投稿: TWIN | 2005年8月22日 (月) 22:34

手っ取り早いのはフロントの突き出しを3~5mm位出して、
様子を見てみては?
リヤサスはプリロード調整出来た?
リンクロッド調整は外さないと出来ないからすごく面倒だよ>自分はやったけど

やっぱ僕の900乗ってみよー!

投稿: のび助 | 2005年8月22日 (月) 22:57

takapaさんの書き込み内容って、私がリアサスいじり始めたときの状態と同じですね。

ものの見事にリアが入ってきますよ。

投稿: konishi | 2005年8月22日 (月) 22:59

TWINさん>
あー、やっぱりそういうものなんですね。よかった・・・
って、良くは無いが欲は有る < ばか
とりあえずは簡単にできるダンパー側を弄ってみようと思ってるんですけど、やっぱしプリロードかけた方がいいですか?

投稿: 管理人takapa | 2005年8月22日 (月) 23:55

のび助さん>
ぜひぜひ、今度乗らせてくださいな。
で、リアのプリロード弄るより、突き出しからやってみた方がいいですか?僕もどっちからやるべきか迷ってたんですよね。
あれ?リンクロッドってノーマルのも調整できるんですか?

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 00:02

konishiさん>
昔からkonishiさんが「前と後ろがバラバラ」っておっしゃってたのはこのことだったんですか?じぇんじぇん分かってませんでした(爆)僕はマシンの動きを感じとることができてないんですが分かっているのは、倒し込んだタイミングと、感覚的な旋回の開始点がズレていて気持ち悪いんですよね。そうだったのかぁ。
ってことは解決できるっつーことですね(ニヤリ
うぬー、そうすると、やっぱしフロントも弄りたい・・・

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 00:09

思ってることを一度にやっちゃうと混乱の元なので、まずはリヤからやってみましょう。自分の場合、リヤの車高を上げるのが第一目的だったのでまずはプリロードをかけました。で、減衰が足りなくなったので減衰を強めて・・という感じです。(まぁ私のM1000はdarkなので、フロントに調整機構が皆無な訳ですが (;_;

投稿: TWIN | 2005年8月23日 (火) 00:40

TWINさん>
ええ、了解です。
っていうか、プリロードと減衰、どっちから弄るか迷ってましたので、一気に両方をやるつもりはありませんでした。ま、あとはフロントとリアのどちらを先に弄るか・・・ってところですね。でもM800もフロントは調整機構無いんですぅ(T_T) だからやるとしても、のび助さんのオススメな突き出し調整ですね。

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 00:49

S4Rでいろいろやっているときには新垣さんの記事でいうところの、『乗車したときにまずリアが沈んで、ワンテンポ送れてフロントが追従する』という乗車バランスにはずーっと気を使ってきました。

プリロードでまずあわせてダンパーで味付けするという方向で。もし、takapaさんの車両がフロントがまったく追従せずに突っ張ったままならフロントが硬いってことでしょうね。すなわちリアばかりが沈んでリア下がりってことになる。

走行時の姿勢にも気をつけてみてみるとその影響が随所に現れていると思います。

まず、「どん!」とシートにまたがってください。
そしてリアとフロントの沈み込みの速度やタイミングを感じてみてください。比較対照が最初はないので何がどうなのかわからないかと思いますが、そこはいじっては走り、いじっては走りの繰り返しです。ノウハウが無ければ自分で蓄積するしか有りませんから。

私はそうやってきました。
お試しください。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 02:12

TWINさんのDERにあたるようなサスペンションセッティング講習会みたいなの、誰かやってくれるとうれしいんですけどねー。

足つき不安のために車高下げるにしても、そこらへんのバランスとったほうがいいでしょうし。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 02:16

konishiさん>
了解です。
「どん!」と跨がる方法。波打つように沈み込む…ってやつですよね。いつもやろうと思っているのに、バイクを出すと走りたくていつも忘れてしまいます(^_^;
次回は表に出したらまず最初にやってみますね。

ノウハウ、ぜ〜んぜん分かりません(爆)数冊のBM誌が教科書です。楽しみながら弄ってみたいと思います。丁度いいコースも見つかりましたしね。ま、基本的にはリアしか弄れませんからとっ散らかる可能性も少ないんではないかとタカをくくっております。

と、DSS(DUCATI Suspension Setting)(^_^; ですが、konishiさんが先生じゃダメですか?マジで。僕、思うんですが、そのサスセッティングに関する知識&実践経験を基にして、konishiさんだったら皆さんにアドバイスできちゃうんじゃないですか?実際、僕も教えてほしいし(^_^) もちろん、もっと凄い方もいらっしゃるとは思いますが、konishiさんの「蓄え」で救われるドカ乗りは多いと思いますよ♪

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 02:43

私のアドバイス聞いてやるくらいなら、BM誌熟読してもらったほうがずっと役に立つと思いますよ(笑)

問題は方法よりも、サスペンションセッティングに興味を持たない人が多いってことでないかな。多分ライテクという部分よりも「私が触っちゃいけない部分」って意識の人が多いと思う。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 06:58

konishiさん>
いやいやご謙遜なさらずに(^_^)
努力されてますし、少なくとも僕にはそう見えましたが。DER同様、本で読むのとは雲泥の差ですよ、きっと。「一緒に考えてみませんか?」ってスタンスでもいいかもしれない。

ま、現実問題として興味を持っている人が少ないのは本当でしょうね。実際、僕もそうでしたし(^_^;

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 10:53

謙遜しているつもりはないですよ。だってほんとにあれ読んで素直にやってみればいいだけの話ですから。

それより一番問題なのは、外に対して出向けない私自身なのかもしれない(^^;

あ、それと私は努力はしていますよ。なにもせずに何かを得ようなんてむしのいいことは考えられませんから。自慢とか、ひけらかしているとかでなくて。やることをやるというのは当たり前のことですから。

「無関心&無関係」な人が多いのはもったいないですよねぇ。アジャストできるところはやったほうがいいんだし。どっかに書かれていたことだと思いますが、サスペンションセッティングってズボンの裾上げと同じだし。ミシン使えなくてもマイナスドライバーは使えるでしょ。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 11:13

koniishiさん>
いやいや、まさにソコがポイントなんですよ!
先ず、BM誌を読んでナルホドとは思うものの、その実よく分かってない。で、そもそも「konishiさんのようには[努力]できない(しない)」のが普通なんですよ多分。もっと言ってしまえば、よく分からない>弄りたくない>その効果を知らない>無関心>めんどくさい(爆)konishiさんは人に教えたりしてらっしゃるから、サス弄りに限らずこのへんの話はご理解いただけるかな〜と思うんですが・・・
ま、ダンパーのネジを回したところでバイクが壊れたりしないんですけどね。でも、きっと「よく分かってない自分が弄ったらバイクの調子が悪くなるに違いない」と思っているんです。非常に漠然とした上澄みというか灰汁というか・・・それが結果として無関心という体裁を作り出しているんだと思うのですよ。
そんなわけで「一緒にサスのネジをグリグリしてみませんか?」ってな集いができたらいいなぁ〜♪ってね。
ものすごく前置きが長くなりましたが、そんなわけで、konishiさんが先生だったら面白そうだなぁって思ったんですよ。ま、感心を持った人がいなければ意味はありませんが(^_^;

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 11:42

今までやってきたことのバックグラウンドの関係も大きいかもしれませんね。

 『よくわからない』 → 『とりあえずやってみる』

って図式が私の中に出来ているというのが私の前提ですから。ほんとにかなり極端にセットしても爆発するとかホイールがロックするとかありえないですし(笑)そういう安全マージンを想定した上での調整範囲ですしね。

あと、誤解を恐れずに言うと、そういう「無関心、無関係」ってMONSTERのユーザに多いと思うんですが。もちろんTWINさんやのび助さん、リッキーポエムさんなどのお方のように試行錯誤を繰り返している先達の方々は多いとは思いますが、やはり見た目から入ってきたビギナーさんが多いというのがその理由です。

「見た目」が悪いとは言いませんが、そこで満足せずにもう一歩踏み込んで本質の楽しさを味わえるともっと面白いのになと思うんです。

まぁそういう人たちを巻き添えにしてみんなでセッティングの妙を楽しめると面白いんですけどね。

どちらにしろこんな片田舎からなかなか抜け出せない私が発起人ではハナシは進みませんよ(笑)

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 12:23

konishiさん>
>Monsterのユーザーに多い
確かに(^_^;
そもそもドカの中でエントリー的な役割ですからね。
僕の場合は「金銭的」なエントリーでしたが(T_T)

ま、「サスの集い」は色んな意味でタイミングが良いときにでも(^_^)
僕も経験値を貯めておきますので。

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 12:52

多分に誤解を与える発言だったかなとちょっと反省しております。

私も直接メカニズムを触るのは好きですけど得意でありませんし、自分自身を信用していません。やはり命を乗せるものですので半端なことはできませんから。ブほんとに簡単なパーツの交換や洗浄くらいしかできませんししません。

そんな私でもサスペンションの調整は

 『やってもいい箇所』

であるということです。むしろ『やらなければいけない』とすら思いますが。人の体格は千差万別ですんでそれを規格品のオートバイに乗るんですから調整は必ず必要なんです。

最初S4Rに乗り始めたころは怖かったですよ。
言うこと聞いてくれないんですもの。だから例の

 『俺が下手なのはバイクのせいだ』

という大前提(笑)のもとでいじりはじめたわけです。

プリロードかけてもいいし、ロッドまわしてもいいから、「さっきとは違うオートバイ」と乗り比べてみてほしいです。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 13:19

konishiさん>
大丈夫ですよ。僕は今konishiさんが書かれたことと同じように理解していましたので、多分それを読まれた他の方々も同じく誤解していないのではないかと思います。

僕はドカに乗り始めて1年半。本気で弄ろうと思うまでにこんなにかかってしまいました。ま、逆に言えば、弄りだすまでにこれだけ時間がかかる人も居るということです。尚かつ、弄ってみなきゃその有用性が分からないんですからね、僕も含めて(^_^; これが一番の問題なのかも。

あー、例えば・・・
ショップが納車時に説明してくれりゃいいんだよな。
「気軽に弄ってみてくださいね〜♪」とか(^_^;

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 13:38

ありがとうございます。
まぁ人それぞれですしね。

ショップさんについては、私は説明受けましたよ。
プリロード、ダンパー、どうすればどうなって、まずどこからどういじってどうなったらどうやって・・・

概要ですけど興味持たせてくれるような説明を受けました。私もそのときは「触ることはないだろうなぁ」とか思いましたが実際乗ってみるとそのままじゃ怖くてしょうがなかったからサスペンションが馴染むのを待ってナラシが終わってから即座にいじり始めました。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 15:16

>ショップさんについては、私は説明受けましたよ。
うーん、何にも言われなかったの・・・
中古だからなのか・・・
M800だからなのか・・・

穿るウガる(爆)

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 15:22

どうなんでしょうかね?

999s納車したときも調整箇所については丁寧に教えてもらいましたし、傾向やコツなども教えていただきました。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 15:31

konishiさん>
げー、やっぱし説明を端折られたのかなぁ・・・
だから僕はリアサスの調整方法とか知りませんでした。

M800/400買う人はサスなんて弄らないでしょ?
ってことなのかぁ(-_-メ

ちぇっ

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 15:58

どうなんでしょ?
買われたショップをどうこう言うわけではないですがそういう慣例なのかもしれません。とはいえ説明すべきことはしっかり説明すべきですね。

ガソリンタンクのキャップをしっかり確実に締めるとか、いろいろ。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 16:56

konishiさん>
まぁ、僕も悪く言うつもりは無いです。
事実お世話になってますしね。

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 17:28

まーとりあえず、車高上げてたら次のステージに移りましょう。

投稿: konishi | 2005年8月23日 (火) 17:51

了解。

長々とお付き合いありがとうございましたm(_ _)m

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 17:58

>もし参考になれば・・・

まずリアの伸び減衰をとことんイジって見ましょう。保証します。絶対すぐに「ここしかない!!」というポイントに行き着きます。リアの伸びは、強い方に回して、弱めていくとあるポイントからいきなり乗りやすくなります。その前後1~2クリックがスイートスポットです。

下位グレードでもリアの伸びだけはいじれるようになっているところがヒントですね。

プリロードは体重に合わせるのがメインですね。自分は2mmほど抜いています。デフォルトだと自分の体重は軽すぎるみたいです。
タンデム時に旋回しやすかったのがヒントでした。

いえ、速く走れるセッティング法ではないと思いますよ。ただ、乗りやすくしただけですから、攻めると腰砕けな足でしょうね。きっと・・・


投稿: リッキーポエム | 2005年8月23日 (火) 20:40

リッキーポエムさん>
おお! アドバイスありがとうございます!

ありゃ、リアで弄れるのは伸び側だったんですね。
すっかり圧側なのかと思ってました(爆)
あぶないあぶない。

うーん、どうしよ・・・

投稿: 管理人takapa | 2005年8月23日 (火) 21:00

ちなみに、takapaさんの
・曲がり始めが遅いという証言
・ハンドル交換しているため、リヤに荷重がかかりやすいポジション
というところから想像するに、倒し込み〜向き変えまでに必要最小限なフロント荷重が掛かってないんじゃないかと思います。フロントに適度な荷重が掛かってないと、バイクが倒れる時のセルフステア(=ハンドルの切れ込み)が甘くなりやすいので・・・。逆にいえば、ハンドルの切れ込み量&速度が少ないということは、それだけ安心感につながりやすいので一概に悪いとは言い切れないのが難しいところですが・・。

投稿: TWIN | 2005年8月24日 (水) 00:28

TWINさん>
そーか、ハンドルの高さからも荷重がリアに寄ってるのかぁ。ってことは、セパハン…には逝かないまでも、前から言ってるノーマルハンドルに戻してみる価値はありそうですね。

とはいうものの、当分の間はリアのプリロード&ダンパー調整で(自分の乗り方も含めて)探ってみたいと思います。

投稿: 管理人takapa | 2005年8月24日 (水) 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41821/5586200

この記事へのトラックバック一覧です: 曲がり方と姿勢変化:

« DUCATI RALLY 2005 in 箱根 | トップページ | コメントのエラー/多重投稿について »