« 歩く歩く歩く | トップページ | ライダーに100 の質問 »

2004年8月 3日 (火)

ガレージ工房Vol.2

日曜日に買ってきた。
実は以前、この本のVol.1も買っている。ある意味、愛読書。
「男の自遊空間」ってサブタイトルがちょっと… ダサ。
DIY雑誌「ドゥーパ!」の別冊?増刊?そんな雑誌。
しかし「ちょっと待てよ。この本って実は…」とVol.2を読んで思った。

ガレージ。嗚呼、良い響き。
ウチの駐車場はガレージでは無いです。
しかも奥半分には屋根があり手前は雨ざらしだからタチが悪い。
停めた車は前半分が水垢、後ろ半分が砂埃。どっちかにしてほしい。
ま、奥半分の屋根(というか家の2階がある)を外すわけにもいかないので、
手前に屋根を付けたい。さらにガレージ風にできれば… と思ってる。

でもね。それをやるには致命的な問題があるのです。
駐車場の地面が「傾斜してる」んです。道路より家が高い、つまり坂道。
タイヤ交換すら無理ですからね…そんなのガレージじゃない。
屋根付き駐車場(傾斜)です、要するに。

この辺を踏まえて話を戻すと…
「ガレージ工房」ってタイトルの意味は何?
自分は「ガレージを自らの手で造る」という意味だと思ってた訳です。
だからこそ屋根付き駐車場(傾斜)造りの参考にしたい。
ま、多分これで間違いではないと思うんだが、改めてVol.2を見ると、
「ちょっと待てよ。この本って実は…
 ガレージを自らの手で[工房]に造りかえる」って意味では?
と感じるところが多かったんです。実際、記事の内容も、
・紹介してるガレージ、電動工具だらけで車が入らないじゃん!
・木工できるガレージは素敵なんだけど、車イジリはしないの?
・特集「工房に置きたいスペシャルツール徹底研究」って
 木工の電動工具ばっか! えっ、工房… ガレージじゃないのか?

つまり、ガレージの紹介もするけど木工・工房がメイン。
ドゥーパ!がそういう本だからねぇ。当たり前なんだけど。

そんなこと言いながらも、参考になること多いです。
実は、木工も始めたいと思ってたりもするのでした。
でも、傾斜が…

|

« 歩く歩く歩く | トップページ | ライダーに100 の質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41821/1105438

この記事へのトラックバック一覧です: ガレージ工房Vol.2:

« 歩く歩く歩く | トップページ | ライダーに100 の質問 »