« カーボンかアルミか | トップページ | 趣味悠々〜平忠彦さん〜鈴鹿 »

2004年7月17日 (土)

チャイルドシート様

アップリカのマシュマロJ何たらってヤツ。
新生児から使えて、完全にフラット(ベッド状態)にできるって代物。

買った時は、あまりの箱のでかさと、その重さにビックリした。
完全にフラットにするためには、後席に対して90度横向きに設置する必要がある。
(でないと長さが足りない)するとほぼ2人分の後席を潰すことになった。

なのに、そんなチャイルドシートを息子は嫌がり泣きまくった。

とはいえ走行中に限っては基本的にいい子で寝転がっていた。
が、信号や渋滞で止まろうものならすかさず泣き出し、走ると泣きやんだ。
もちろん泣きやまない時もあったけどね。
試しに、息子には停車した事が分からない様な完璧なブレーキングで停車してみた。
すると泣かない。騙されてやんの、見事に大成功。
しっかし、毎回そんな停車してたらこっちが泣きたくなっちゃうからヤメた。

兎にも角にも、そんな苦労をしつつも時は流れ、
チャイルドシートの背もたれは起こされ、まだ進行方向に対して後ろ向きではあるが、
「お座り」ができる月齢に息子は成長した。
コノヤロ、座ると泣かない。
それどころか大喜びで、DisneyのCDを鳴らせば踊り出し、周りを走る車を夢中で見ている。
あぁ外の景色を眺めたくて泣いていたのね、チクショ。
そして1歳を迎えた今、後ろ向きだったシートは前を向き、
前にも増してノリノリで、踊ったり、眺めたりしております。

でもさ、完全にフラットになるからこそ選んだこのチャイルドシート。
こいつ一番の「売り」である「完全フラット」で使っていた時期は同時に、
息子がチャイルドシートを嫌がった時期でもあるのです。
そんな時でもチャイルドシート様は2人分の定員を呑み込み、後席に鎮座していたのでした。

因みに、その頃乗ってた軽自動車だと90度横向きでは後席が使えなくなるんじゃないの?
ということで、そのために「わざわざ」もう少し大きな車に買い換えたのは秘密です。

全部意味ね〜

|

« カーボンかアルミか | トップページ | 趣味悠々〜平忠彦さん〜鈴鹿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーボンかアルミか | トップページ | 趣味悠々〜平忠彦さん〜鈴鹿 »